電車のつり革を持つと、手のひらから汗がポタポタ・・・。20年以上も悩まされ続けてきた、そんな忌々しい手汗が、寝る前にある事を行うだけで、たった1ヵ月でサラサラに改善した!ほとんどの皮膚科や心療内科がしらない自宅でできる手汗解消法を、遂に初公開します。

多汗症wiki(手掌多汗症)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

手のひらや足底の汗腺から多量に発汗する。それぞれ手掌多汗症(しゅしょう‐)、足蹠多汗症(そくせき‐)と呼ばれる。軽症例では、精神的緊張時や物を持つ時に一時的に発汗が増加する程度だが、重症例では、滴となってしたたり落ちるほどの多量の発汗がみられる[4]。

発症は、幼少児期ないし思春期の頃である[4]。睡眠中は発汗が停止しているが、覚醒時には著しく発汗が増加する[4]。また、寒い時期で体感温度が低い時は発汗が少なく、蒸し暑い時期で体感温度が高くなると発汗量が増加する[4]。

過剰な発汗は、書類にしみを生じさせたり、電気機器を破損する原因となることがある。また、握手時に相手に不快感を与えることなどにより、多大な社会的苦痛を感じる場合が多い[4]。


手汗対策は寝る前にある事を!

インデックス

多汗症wiki

当サイトについて