電車のつり革を持つと、手のひらから汗がポタポタ・・・。20年以上も悩まされ続けてきた、そんな忌々しい手汗が、寝る前にある事を行うだけで、たった1ヵ月でサラサラに改善した!ほとんどの皮膚科や心療内科がしらない自宅でできる手汗解消法を、遂に初公開します。

多汗症wiki(概要)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

多汗症は、交感神経が失調し、体温上昇とは関係なくエクリン腺より汗が過剰に放出される疾患である。頭部・手・脇に多く見られる。緊張や不安、気持ちの持ち方などの精神的な原因による発汗ではなく、身体機能の失調により引き起こされる病的な発汗を指す[2]。

1996年(平成8年)4月より治療に健康保険が適用されるようになった。局所性多汗症(後述)の病態や責任部位は依然解明されておらず、疫学調査や病態解析、治療指針の確立を目的として、原発性局所多汗症が2008年(平成20年)に厚生労働省による難治性疾患克服研究事業の研究奨励分野に指定された[3]。

患者は多汗の症状により様々な精神的苦痛を受ける。仕事や勉強に悪影響を及ぼしたり、対人関係に支障をきたすことがあり、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を著しく低下させる[1]。しかしながら、多汗症の社会的認知は現在でもあまり進んでいるとは言えず、本人が病気と認識していない場合や、他人に理解されずにうつ病になったり社会的な苦痛を受けたりする患者は多いと推測されている[1]。

治療方法としては、塩化アルミニウム液の塗布、イオントフォレーシス(通電療法)、ボトックス注射、ETS手術(胸腔鏡下胸部交感神経節切除術)などの方法があるが、それぞれ一長一短があり、重症度などによって方法を選択する必要がある。

また、多汗症は内科的疾患の部分症として現れることがあり、これらの疾患には甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)、褐色細胞腫、先端肥大症がある。先端肥大症では汗腺の肥大により多汗が生じる。


手汗対策は寝る前にある事を!

インデックス

多汗症wiki

当サイトについて