電車のつり革を持つと、手のひらから汗がポタポタ・・・。20年以上も悩まされ続けてきた、そんな忌々しい手汗が、寝る前にある事を行うだけで、たった1ヵ月でサラサラに改善した!ほとんどの皮膚科や心療内科がしらない自宅でできる手汗解消法を、遂に初公開します。

多汗症wiki(分類)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

多汗症は、全身的に発生する全身性多汗症と、体の特定の部分で発生する局所性多汗症(限局性多汗症)がある。手、足、腋の下、および股間には汗腺が比較的集中しており、発汗が最も活発な部位の一つである。しかし、体のどんな部分でも、発生する可能性がある。

多汗症は、先天性形質であるか、後天性形質であるかによっても分類することができる。前者は原発性多汗症(特発性多汗症)と呼ばれ、青春期の間やその前に発症する。常染色体優位な遺伝形質として遺伝すると推測されている。原発性多汗症は、人生のいつの時点でも発症する可能性のある二次性の続発性多汗症と区別されなければならない。続発性多汗症は、甲状腺または下垂体の疾患、真性糖尿病、腫瘍、痛風、更年期、特定の薬物、もしくは水銀中毒などが原因となって発生すると考えられている。

多汗症は、掌蹠多汗症(主に手掌または足蹠での症候性発汗)、味覚性多汗症、もしくは全身性多汗症に分類することもできる。

あるいは、多汗症は症状の発生する皮膚の面積と推測される原因によって分類することもできる。この方法では、100cm2以上(全身性発汗まで)の皮膚で発生する多汗症と、それ以下の面積でのみ発生する多汗症が区別される。


手汗対策は寝る前にある事を!

インデックス

多汗症wiki

当サイトについて