電車のつり革を持つと、手のひらから汗がポタポタ・・・。20年以上も悩まされ続けてきた、そんな忌々しい手汗が、寝る前にある事を行うだけで、たった1ヵ月でサラサラに改善した!ほとんどの皮膚科や心療内科がしらない自宅でできる手汗解消法を、遂に初公開します。

手汗対策で悩むのはもう辞めにしませんか?

もしかしてあなたは、以下のような悩みを抱えていませんか?

・買い物をしてお釣りをもらうの時、手のひらを返すのに抵抗を感じる
・大切な人に嫌われるのが怖くて手を繋いで歩けない
・自動車を運転する時、ハンドルが濡れる
・足の裏までびしょびしょになって撥水性の良い床で転びそうになった事がある
・マウスが濡れて気持ち悪く感じている
・紙に水生のペンで字を書くと、手汗が滲んで読めなくなる
・携帯電話を水濡れで壊れてしまった

このように一般的に手に汗をかくと言われるものとは比べもにならないくらい濡れてしまうので、なかなか理解を得ずらいのが辛いでしょう。私もいつもハンカチやタオルを握り締めるなどして対策をしていましたが根本的な対策にはなりませんでした。

その原因は、精神的な緊張とされるケースが多く、手掌多汗症の人でも寝ている間やリラックスしている間は症状が出ないという人が殆どです。

「自分は手汗がひどい」と自覚している人ほど、その事を気にして余計に緊張してしまったり、握手をする時など相手に不快感を与えたのではないかと深く考えすぎしまったりするので、症状が悪化してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

手汗対策は寝る前にある事をするだけ!

手汗対策はこの方法がベストなんです!

薬物治療や手術という治療法もありますが、これらはお勧めできない理由があります。

薬や制汗剤の効果は一時的なものであったり、続ける必要があったりするだけでなく、副作用もあり、費用もかかるので経済的ではありません。

手術に関しては、費用がかかるだけでなく、代償性発汗という後遺症が、実に95%の確率で発症しているようです。

費用もリスクもかけずに手汗対策ができるなら一番いいと思います。

その方法とは、大まかに言うと、たった3つの事をやるだけです。

1.まずは、症状の出る理由を学びます
2.寝る前にある事をしたりしてどんどん手汗対策していきます
3.改善した後は、症状が二度と出ないとっておきの方法を使います

これだけのことを実践していただくだけで、気づいたら手汗がなくなっているのを実感することでしょう。

気になる具体的な内容ですが、本来、この方法は私が直接あなたに会って、お教えしなければならないのが筋だと思います。

しかし、私は現在この方法を日本中に広めてるために回っており、カウンセリングなどで忙しく、直接お教えするには限界があります。

ですので、手汗対策でお悩みのあなたのために、この方法のすべてを初公開したマニュアルを作成しました。

この手汗対策法を知れば、あなたの手汗は自然に回復し、 もう二度と症状に悩まされるはなくなると確信しています。薬も、タオルも、ましては手術をする必要もありません。不安のない快適な生活を送れるようになるのです。

1日、2日・・・1週間と実践していくうちに、自然と「あれっ、手汗がなくなっている!」という実感をするでしょう。

手汗対策の方法はコチラをクリック

インデックス

多汗症wiki

当サイトについて

■最近の実践者の声

子供の頃からのコンプレックスでした。もう当たり前のことだと思い、あきらめていましたが、信じてやってみて本当に良かったです。手汗のない日常がこんなにも気持ちの良いものだなんて思いもよりませんでした。

学校でデッサンをよくするのですが、よく鉛筆で書いた絵が汗でグチャグチャになってしまったりし、何度も書き直すことがありました。今は本当にサラサラで、デッサンもすごく楽しくなりました。

石川県 アズサさん(専門学生)19才女性

その他の感想はコチラ

逆アクセスランキング

※全てのランキングはこちらからご覧いただけます。このランキングへの参加方法は当サイトへのリンクを貼るだけと簡単に参加が可能です。アクセスランキング